アトピー性皮膚炎の年齢別症状

アトピー性皮膚炎の年齢別症状

アトピー性皮膚炎の年齢別症状の年齢別症状をまとめました。

 

 

生後2〜3カ月ごろから1才ごろまでの乳児アトピー性皮膚炎の症状とは

生後2〜3カ月ごろから1才ごろまでのアトピー性皮膚炎を乳児アトピー性皮膚炎と言います。
この頃の症状としては、顔や頭、耳などにジクジクとした湿疹が出ます。

 

 

ひじや足首などの関節部分に湿疹が出たり、耳切れと言って、耳の付け根がただれて切れたような症状が特徴的になります。

2歳〜10歳ごろまでのアトピー性皮膚炎の症状とは

この頃の特徴としては、カサカサと乾燥したような湿疹が特徴的です。手足の関節、首や耳たぶなどが赤く乾燥したような感じの湿疹が出ます。

 

この時期のアトピー性皮膚炎を小児アトピー性皮膚炎と言います。

アトピー性皮膚炎の季節による影響とは?

アトピー性皮膚炎は季節によっても症状が異なってきます。

 

 

夏場の症状としては、暑いのよく汗をかきます。そのため、その汗が関節などに溜まり、化膿しやすくなります。また、虫刺されなどもあります。虫に刺された場合はそこが赤くなりジクジクしやすくなります。

 

 

一方、冬場の症状としては、空気自体も乾燥している事から、皮膚もカサカサします。
そうなると、かゆみが強くなり、子供の場合はかゆいとどうしてもかいてしまいます。
その結果、症状が悪化してしまうという事になります。

アトピー性皮膚炎の年齢別症状関連ページ

ステロイド剤を使うことに抵抗があるママへ
赤ちゃんのアトピー症状や対処についてのサイトです。ミルキーローションを使うことで、アトピーの痒みがなくなるようです。赤ちゃんのアトピーで悩まれているママにはぜひご覧いただきたいです。
赤ちゃんの肌を清潔にすることは基本です。
赤ちゃんのアトピー症状や対処についてのサイトです。ミルキーローションを使うことで、アトピーの痒みがなくなるようです。赤ちゃんのアトピーで悩まれているママにはぜひご覧いただきたいです。